不動産売却の一般媒介と専任媒介の違い

総量規制対象外のカードローンは?

Written on 2016年9月21日   By   in カードローン, 対象外, 総量規制

カードローンはすべて総量規制の対象になると考えている方は多いですが、借入先によって変わってきます。
対象外になるのは銀行、信用金庫などであり、年収の3分の1よりも多い金額の借入もできます。
消費者金融やサラ金、街金などのカードローンは総量規制の対象になります。

総量規制が誕生したきっかけは、借りすぎを防ぐことです。
たくさん借りれば借りるほど利息は大きくなり、返済するのが難しくなるでしょう。
ローンを返済できなくなる理由はシンプルで、収入よりも支出が大きくなるからです。
そうなる原因としては借りすぎがあり、もし借りすぎなければ無理なく返済できたはずなのです。
月の返済額が1万円と10万円では、家計に与えるダメージはまったく変わってきます。
失職して返済できなくなるケースもあるでしょうが、返済不能になる原因のほとんどは自分にあるのです。

カードローン おすすめは借りすぎに陥っても、そこにすぐに気づけないものです。
利用枠の範囲内で繰り返し利用できるので、返済金がなければ借りて返すこともできます。
そうして少しずつ残枠を消化していき、借金総額が増えていくわけです。

銀行カードローンは総量規制対象外である上に低金利なので非常に借りやすいです。
ただ低金利に甘えて借りすぎると、結局は毎月の返済額は大きくなってしまいます。
どのようなカードローンにも言えますが、本当にお金がないときの緊急用として活用するのが正しい使い方です。
借金は必ず返済が待っていることを自覚して借りるようにしましょう。

, ,