不動産売却の一般媒介と専任媒介の違い

モビットの返済方法は口座振替とATMからの入金

Written on 2016年11月3日   By   in モビット

モビットでは返済方法を3種類用意しています。
・三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行口座からの自動引き落とし
・銀行振り込み
・提携ATMからの入金
2015年3月31日まで三井住友銀行ATMと@BANKのATMからの入金は利用手数料無料のキャンペーンが行われています。

口座振替は手数料がかからないものの、月に一度の返済に決められています。
より積極的に返済をしていくためにはATMからの入金も併用しながら返済をしていくとよいでしょう。

口座振替は返済方法として確保しておきたいものです。
口座に残高さえあれば確実に返済が行えます。
ATMからの返済も間違いなく行えるのであれば問題はありませんが、返済日によってはどこのATMでも長蛇の列ということも少なくありません。
また、仕事やプライベートの事情で返済に向かえない時があるかもしれません。
返済が一日遅れたくらいと思われるかもしれませんがそんなことはありません。
金銭賃借の契約です。
モビットと確実に返済日に返済をするという約束の元で借り入れをしていることを忘れることができないからです。
返済が遅れると「賠償額の元本に対する割合」つまり遅延損害金利が20.0%になります。
通常の借り入れでも上限金利が18.0%と設定されている中で、20.0%の遅延損害金が加わってしまえば思いがけない金額になることもあります。
確実に返済をするための方法はどのようなものがあるのかをじっくりと考えましょう。
口座振替だけではなく、近くに提携コンビニATMがあり立ち寄る頻度が高いのであればそれもまた間違いなく返済ができる方法になるかもしれません。

 

主婦が即日融資を受けるためのポイント

Written on 2016年10月23日   By   in キャッシング

主婦が即日融資を受ける場合のポイントですが、専業主婦か兼業主婦かによってかなり異なりますから注意が必要です。
まず、兼業主婦の場合は、基本的には普通の会社員などと即日融資の条件は変わるところはありません。自分の年収が審査のポイントの一つになります。
ただ、兼業とは言っても、正社員や契約社員、派遣社員のようにフルタイムで働いている人の場合はさして大きな問題はないかもしれませんが、パートタイムのように年収がさして高くない場合は注意が必要です。最近では、年収の1/3が即日融資の上限とされているためです。注意しなければならないのはこれはあくまでも上限ということであって、例えば年収100万円の人が30万円などという上限に近い金額の即日融資を申し込むと、それは審査が厳しくなって当然でしょう。もちろん明確な基準などありませんが、即日融資の審査をできるだけスムーズにクリアするためには、上限のさらに半分か1/3程度に留めておくことが無難でしょう。
もちろん、即日融資を受けるローン会社以外からお金を借りている金額や件数についても重要な要素です。可能な限り他社からの借り入れを減らすなり一本化しておくなりすることが有用です。
一方で、専業主婦の場合は全く話が異なってきます。本人に収入がないのですから、融資を受けられるところは限定されてきます。消費者金融では即日融資はまず受けられません。銀行のカードローンを当たってみる必要があります。

,  

キャッシングの金利を安く済ませるには

Written on 2016年10月16日   By   in 消費者金融

キャッシングの金利を安くする方法は、いくつかあります。一番容易な方法は、キャッシング会社で決めるものです。キャッシングの金利は会社ごとに異なっており、安いところを選べば、利子は安くなります。消費者金融口コミを参考にしてみると一般に信販系や消費者金融系の会社の利子は高く、18%程度のところが多くなっています。これとは対照的に銀行系の会社は利子が安く、10%をきる会社があります。高い場合でも15%程度で、信販系や消費者金融系にくらべて安いです。
他の方法としては、借りる額をできるだけ小さくすることがあります。当たり前の方法ですが、これを使えば、利子は低くなります。ただし、少ない金額を借りても、お金を借りることを繰り返していれば、結局高い利子を払うことになります。必要な時に少額だけ借りて、すぐに返済するのが利子を増やさない最善の方法です。
お金を借りやすいのは、信販系や消費者金融の会社です。これにくらべたら、銀行系の会社は審査が厳しいので、お金を借りにくいことがあります。ただし、キャッシング事業に力を入れている銀行系の会社もあります。そんなところだったら、審査は比較的甘いと言えます。金利のことを考えると、まずは銀行系の会社に申し込んでみるのが得策です。それでももしダメだったら、信販系や消費者金融の会社に申し込んでみましょう。
いろいろな事情があって、お金を多めに借りなければならないこともあります。そんな時に備えて、できるだけ銀行系の会社を選ぶようにしましょう。

, ,  

総量規制対象外のカードローンは?

Written on 2016年9月21日   By   in カードローン, 対象外, 総量規制

カードローンはすべて総量規制の対象になると考えている方は多いですが、借入先によって変わってきます。
対象外になるのは銀行、信用金庫などであり、年収の3分の1よりも多い金額の借入もできます。
消費者金融やサラ金、街金などのカードローンは総量規制の対象になります。

総量規制が誕生したきっかけは、借りすぎを防ぐことです。
たくさん借りれば借りるほど利息は大きくなり、返済するのが難しくなるでしょう。
ローンを返済できなくなる理由はシンプルで、収入よりも支出が大きくなるからです。
そうなる原因としては借りすぎがあり、もし借りすぎなければ無理なく返済できたはずなのです。
月の返済額が1万円と10万円では、家計に与えるダメージはまったく変わってきます。
失職して返済できなくなるケースもあるでしょうが、返済不能になる原因のほとんどは自分にあるのです。

カードローン おすすめは借りすぎに陥っても、そこにすぐに気づけないものです。
利用枠の範囲内で繰り返し利用できるので、返済金がなければ借りて返すこともできます。
そうして少しずつ残枠を消化していき、借金総額が増えていくわけです。

銀行カードローンは総量規制対象外である上に低金利なので非常に借りやすいです。
ただ低金利に甘えて借りすぎると、結局は毎月の返済額は大きくなってしまいます。
どのようなカードローンにも言えますが、本当にお金がないときの緊急用として活用するのが正しい使い方です。
借金は必ず返済が待っていることを自覚して借りるようにしましょう。

, ,