不動産売却の一般媒介と専任媒介の違い

保険証でお金を借りる方法

Written on 2017年4月25日   By   in カードローン

銀行や消費者金融などでお金を借りるという場合には、いくつかの添付書類を求められることが多いものです。特に、銀行系の金融機関からお金借りるというのであれば、十分な収入があって返済が将来的にも滞らないことが証明できるような、収入証明書とよばれる書類を提出する必要があることがあります。この収入証明書というのは、実際には会社から交付される源泉徴収票や給与明細、税務署や市町村役場で発行してもらった所得証明書や納税証明書、これらの行政機関に提出した確定申告書の写しなどといったものとなります。
もしも書類が準備できないという場合、残念ながらお金を借りることができませんが、同じ銀行であっても限度額が少ないカードローンでお金を借りる場合や、消費者金融に申し込む場合については、保険証のようなものがあれば。すんなりと申し込みができることがあります。
保険証であれば、国民健康保険か会社の社会保険のどちらかに加入しているのが一般的ですので、誰もがほぼかならず交付されているはずです。保険証のかわりに、運転免許証などであっても、ローンの申し込みを受け付けてもらうことができます。ただし、保険証には顔写真がついていないのが一般的ですので、一部の金融機関では、保険証でお金を借りる際に、さらにもうひとつの身分証明書、たとえば運転免許証、パスポート、会社の職員証などといったものと組み合わせて提出することを要求される場合もあります。

,